【仙台はしご酒】昔ながらの「いろは横丁」「文化横丁」を飲み歩こう

宮城・仙台観光についてまとめた記事はこちら!

>> 宮城歴15年の旅ライターがオススメする観光スポット24選【仙台/松島/塩釜/秋保/作並/蔵王】


 

 

仙台の繁華街と言えば、国分町。観光客や若者にとっては、飲むなら国分町か仙台駅前となるだろう。

もちろん良い店はたくさんあるが、国分町は、東京でいえば新宿や渋谷のイメージ。

雰囲気も良く、本当に美味い店は、ディープな横丁に店を構えている。

 

様々な横丁が仙台には点在しているが、青葉通一番町沿いのアーケード内にある「いろは横丁」と「文化横丁」の名店を紹介しよう。

仙台七夕の際も飾り付けがなされる通りに面している。


(すぐ隣、北側に文化横丁が併設してある。)

 

ここで紹介したい店は本当にたくさんあるのだが、本当に厳選した5店舗を紹介する。

どこも大人数で行くというよりは、1~4名程度で味わいながらしっぽり行ってほしい。

 

では、まず最初は文化横丁に入りますか。

一軒目:餃子の名店「八仙」

文化横丁を代表する「八仙」。はしご酒をするには1店目にふさわしいだろう。

うみさん(@hydrangea.u)がシェアした投稿

焼餃子と水餃子を頼んで、生ビールを胃に流し込もう。

 

MKさん(@okinawaikitaaaai)がシェアした投稿


完璧なビールとのマッチング。若干狭い老舗の感じがまた良い。このあたりで働いていたら、仕事上がりに通うだろうなという、東京でいうなら新橋・蒲田の雰囲気かもしれない。

 

当然他のメニューも美味いのだが、今日はまだまだ先は長い。名残惜しいながらも次へ行こう。

 

 

二軒目:最高の雰囲気で日本酒が楽しめる「源氏」

ここで一気にギアチェンジ。テイストを変えていこう。

入口が分かりにくいのだが、文化横丁の奥に非常に狭い路地があって、そこから入ることができる。

若干不便だが、この不便さが逆に良い味を出しているのだ。

  >> 引用:Syupo「仙台「源氏」 文化横丁の夜はここからはじまる

 

入るとこれまたレトロで良い雰囲気。手狭で暗めの店内。

調理場をカウンターで囲み、いつも中央には女将さんと親父さんがいる。

>> 引用:海辺でひとりごと「ディープな文化横丁の隠れ家 ~ 大人の昭和酒場 【仙台 源氏】

 

 

ここで一つ注意をしておこう。食事のメニューが壁に貼ってあるが、やたら滅多に頼むものじゃない。

実はこの店で酒を頼むと、それに合う一品も一緒に出てくるのだ。

>> 引用:食べログ「mayu☆★★さんの写真

1杯の値段がお通し付きで書かれている。

東北の地酒を頼むと、良い具合に酒飲みの肴が出てくる。僕が仙台に住んでいたときは、ここで酒とツマミの相性を教えてもらったようなものだ。

自分で選ぶなら、中でも三陸名産のホヤ。好き嫌いあるかもしれないが、これぞ東北人の酒の肴。一つまみ口に入れ、海鮮の生臭さとしょっぱさを日本酒で流し込む。

 

本当は教えたくない名店の一つだったのだが、ここ数年メディアで取り上げられて有名になってしまった。

混んでいる恐れがあるので、早めに行こう。

 

 

三軒目:東北一の焼き鳥名店「鳥よし」

ここらで場所を変え、いろは横丁へ向かおう。

ここは戦後にできた露店が集まって賑わった場所なのだが、露天商たちが働きかけて中央市場となった。

いまも居酒屋だけでなく、服屋や雑貨屋などが立ち並ぶ場所となっている。

>> 食べログ「j0903さんの写真

焼き鳥屋はどこへ行っても大差ない、と思っていたのだが、ここは違った。

炭火焼でもないのだが、何が決めてなのか不思議だ。絶妙な塩加減。

塩の焼き鳥が好きな人にオススメする、いやタレ好きでも塩で食ってみてほしい。

 

ここもまたカウンター8名のみの手狭な席なので、一杯かもしれない。

一杯だったら次の店に行くか、文化横丁に戻って「ほたる2号館」もオススメ。そこそこ席があるおでん屋で、日本酒の種類も多い。

 

 

四軒目:ドアの向こうは昭和!BAR「ランブルシート」

さて、お腹も膨れてきたことだし、ゆっくり落ち着いて飲めるところへ行こう。

いろは横丁の奥に異質な空間が!

 

oioikawa92さん(@oioikawa92)がシェアした投稿


貼っているポスターが古いのはわかるが、何なのかさっぱりわからない。

ただ、なんか良い雰囲気なのは伝わってくるだろう?

 

>> 食べログ「ぴるぐさんの写真

入るともっとすごい。

 

メニューはカクテルとウイスキー各種。ブランデー、電気ブランもある。

>> 食べログ「てっぷさんさんの写真

オリジナルカクテルが気になるが、いつもかなり酔っぱらった状態で頼むのでよく覚えていない。

ぜひ自分で確かめてみてほしい。

 

年中無休で朝5時まで営業している。一番町の最後の砦だ。朝まで飲んでいるうちに、ついボンカレーを頼んでしまう。

 

おまけ:呑めるラーメン屋「一番五郎」

〆のラーメンが食べたければ、いろは横丁のアーケードに面した「一番五郎」へ行こう。

ここはあらゆるシチュエーションで使える店だ。はしご酒の〆もOK。ランチに食べるラーメン屋としてもOK。餃子をツマミに少し飲んでラーメンという流れでもOK。

24時で締まってしまうので、今回のプランには間に合わないかもなーと思いつつ、オススメなので加えました。

 

 


 

当記事は、渾身のディープな情報。今まで書いた記事の中で一番楽しかったかもしれない。仙台さ帰りてえっちゃ。

では、良い飲み歩きの旅を!

 


宮城・仙台観光についてまとめた記事はこちら!

宮城歴15年の旅ライターがオススメする観光スポット24選【仙台/松島/塩釜/秋保/作並/蔵王】

 


祭&旅Youtubeチャンネル「FesTV開設!

飲み歩き動画もあります。
チャンネル登録よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です